自宅葬とは?葬儀の準備と知識

自宅葬よりも普通のお葬式の方がお得な場合

自宅葬よりも普通のお葬式の方がお得な場合の写真

故人の職業や社会的地位、地域によっては、家族葬を選択した場合でも、多くの仕事や参列者がいる場合があります。

葬儀後のことを考えると、多くの人に来てもらった方が遺族にとっては楽なのではないでしょうか。式場の大きさを決める際には、葬儀社の方にアドバイスを求める必要があるかもしれません。また、葬儀費用を考える際には、参列者からのインセンティブを受け入れることで、遺族の実行に役立てることができます。また、葬儀の費用を安く済ませることができるということです。

自宅葬のインセンティブ

自宅葬では親族に焦点を当てているため、お香典は受け付けていないというイメージを持っている方もいるかもしれません。わかりませんが、地域の風習など、何かの理由で断る勇気がない限り、お線香をいただきます お香典を贈るのはごく一般的なことです。 奨励金と一緒に、ギフトバックをお渡しします。家族葬で受け取る金額の平均は約37万円です。自宅葬に参列した方が受け取る報奨金の平均額は37万488円です。上記の家族葬の費用総額から報奨金の額を差し引くことで、約100万円が遺族に支払われることになります。当初、これらは遺族が多額の費用を支払わなければならない葬儀費用です。この他にも宗教者へのお布施の種類がありますが、葬儀のお布施を受けるのがベストです。経済的な負担が軽くなります。

自宅葬の長所と短所

自宅葬には多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。時には、故人とのお別れをしたい人が、家から出られないほど頻繁にお参りに来ることもあります。また、お別れをしたいのに葬儀のことを伝えられないというのは、自分の意思をきちんと伝えないと、親族間の関係が悪くなってしまう可能性があります。

自宅葬のメリット

自宅葬のメリットは、穏やかなお別れができることです。自宅葬の最大のメリットは、故人と親しくしていた人が、楽に穏やかに別れを告げることができるということです。自宅葬も他のタイプの葬儀に比べて満足度が高く、77.4%の回答者が葬儀サービスに「満足している」と回答しています。“やや満足“ 満足している」「やや満足している」と回答した人の割合が高い。

自宅葬のデメリット

一方、自宅葬のデメリットとしては、告知の範囲があります。告知の範囲を狭めすぎると、抜き打ちの人が「故人とのお別れをしたかった」と言ってしまうことになります。なぜ電話してこなかったの?と言われることがあります。葬儀の後にお参りに来る人も多く、大変なこともあります。誰がいつお見舞いに来るかわからないので、葬儀後の事務処理に追われていても 誰が訪ねてくるのかを知ること。多くの遺族は、思うように外出することが難しいと感じています。また、喪主が故人と親しくしていたとしても、故人のことは知らなかったかもしれません。亡くなった方の供養をするのはいいのですが、知らない人が故人の家に来るのは大変です。がないと感じている人が多いです。家族葬に参加できる人数に制限はありません。多少数が増えたとしても、故人との交友関係を考えてから決断することをお勧めします。