自宅葬とは?葬儀の準備と知識

自宅葬の流れ

自宅葬の流れの写真

自宅葬の流れは、通常の葬儀の流れと何ら変わりません。通夜が行われ、翌日には葬儀・告別式が行われます。地域によっては、出棺・火葬の前(火葬前)と葬儀・告別式の後に行う場合があります。棺から出して火葬(後火葬)するところもありますが、地域の風習にもよります。そうです。

家族葬はいくらで上がるのか?

自宅葬が全体の約4割を占めています。40.9%の人が自宅葬を選択しており、そのうち約40%が自宅葬を選択していた2015年と比較しても 31.3%. しかし、2017年は37.9%と上昇を見せています。つまり、一般的な葬儀をする人の割合が減っているということです。葬儀社への聞き取り調査によると、首都圏だけでなく、地方でも家族葬を希望する人が増えているとのこと。「家族葬」というだけあって、家族葬は家族だけが参列して誰でも参列できるものというイメージを持っている人もいます。だからといって、しないわけではありません。もちろん、参加できる人数に制限はありません。故人の周りにいた人たちと一緒にお世話になります。

どの時点で葬儀の告知をするのですか?

ご連絡のなかった方には、後日家族葬があることをお知らせします。

家族以外の人が家族葬に参加することはできますか?

自宅葬の最大の頭痛の種の一つは、誰に連絡して、誰に連絡しないかということです。ということです。家族で弔う」という名前は、故人の親戚や友人を呼ばないことを意味します。と懸念の声も上がっています。結局のところ、家族以外の人が家族葬に参列することには何の問題もありません。また、「家族葬だから少数の人しか参列できない」というルールはありません。家族や親族、故人に近い人に連絡するのが一般的です。

伝えるべきかどうか迷ったら?

相手によっては、通知すべきかどうかわからない場合もあります。この場合、死亡の知らせを受けた場合は、家族葬で いつ頃になるかを考えてみましょう。家族葬だとしても、出席するかしないか?このような情報を得てしまうと、迷ってしまうかもしれません。そのような負担にならないようにするためにも、通知された場合にはその旨を伝えるようにしましょう。予告なし」の例が多いですね。葬儀後にきちんと告知し、家族葬を行います。また、地域によっては、その後の家族との付き合いがある場合もありますので、知らせないことで家族に迷惑がかかることもあります 1つになることもあります。1つでもいいので、困ったときは葬儀社に相談してみましょう。必ず家族の中で葬儀が行われたことを知らせる通知書を送るようにしましょう。葬儀後のカードは、友人や知人、仕事関係者など、葬儀に参列しない可能性のある人や、参列している人にも送られます。

告知のタイミングについて

葬儀後すぐに自宅で告知すれば、お参りに来てくれることもあります。多かったりもします。一般的には四十九日目の法要後に発表されます。あるいは、年末近くに年賀はがき(喪中はがき)を送るのもいいでしょう。告知書には、家族葬を行う旨を記載する必要があります。この時点で、家族葬は故人から依頼されたものであり、家族葬は故人の希望に沿ったものであったことを述べることができます。たくさんあるようです。

ハガキは誰に送るのか、いつ送るのか。

年賀状を交換した故人や遺族の方には、年賀欠礼状(追悼はがき)をお送りします。この場合は、故人の家族が年賀状を準備する前に、11月中旬か12月上旬までに送るようにしましょう。葬儀に参列した方で、すでに故人が亡くなったことを知っている方には、お悔やみの気持ちを伝えるハガキを送ることもできます。ハガキを出しています。喪中はがきは、本来は喪中であることを知らせるためのものではありません。年賀欠礼はがき」の名の通り、「お葬式のため、新年の喜びやお祝いの気持ちを祝うことができません。その理由は、謝罪するためです。